CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
もぐる。
もぐる。 (JUGEMレビュー »)
シュリスペイロフ
MOBILE
qrcode
<< 同棲プライバシー | main | 謎のサンダムタイム >>
 小学5年生の時、インコを自分で飼っていた。
インコは雛から飼うと手乗りになり、とても懐く。肩に乗って来たり、行く先についてまわったりする。
僕は籠から出したのを忘れドタバタと遊んでいた。その時、いつものようについて来ていたインコ踏み殺した。生き物は二度と飼わないと決めた。

実家には二匹、犬がいる。一匹はパピヨン。僕と仲が悪かった。
けれどもお互い年を重ね、性格を理解しあえたのか、ここ数年はうまく付きあった。
もう一匹は狸みたいな犬。エスパー魔美のポンポコみたいな。
犬種は不明。チワワという事で飼ったらしいがどうみても狸。
こいつとは始めから仲が良かった。
面倒を見てくれている両親よりも僕に懐いていた。馬鹿なやつだ。

最近、親とスカイプをするようになった(向こうからかかってくる)。
今日も用事があり、話をしていた。
その途中、実家に居たときのようにポンポコの名前を呼んでみた。
すると僕を喚ぶ時に出す甘えた鳴き声で応えるもんだから泣きそうになった。
| - | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://noguchiblog.syurispeiloff.jp/trackback/1301564
トラックバック