CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
もぐる。
もぐる。 (JUGEMレビュー »)
シュリスペイロフ
MOBILE
qrcode
<< 内容ないようっていう | main | 傘がない >>
0.7
シュリスペイロフ三枚目のオリジナルフルアルバム『0.7』本日発売。

もうすでに聴いてくれてる人もいるでしょうね。ありがとう。


僕たちの曲のそれぞれは、それぞれの方向性を持っていますが、
今作はその方向性においてそれぞれに深化しています。

聴く人によって好きな曲がハッキリと分かれるアルバムだと思います。

ただ、『0.7』は不思議な統一性を持っています。
不思議な統一性とは言ってみればシュリスペイロフがつくったものだからという一点に他ならない。

この曲好き!って所から始まって、
その曲をつくったシュリスペイロフが好き、
シュリスペイロフがつくる曲は好き。

ちょっと短絡的な結びですが
このアルバムには、一枚でそういったことを起こす力があると確信しています。



先日、フラボアのレセプションパーティーに行ってきた。
メンバー二人と行って、彼らはそれぞれ服を選び買っていた。
僕はメンバーとテイストが被るのもどうかと思って買わない決心をした。

このような決心をした人間が服屋に長時間いるためには、
1、自我を忘却する
2、自我を確立する
の二択のような気がして、確立を目指す。

レセプションパーティーなので店員さんがいっぱい。
その中で、不思議に意思の疎通ができる店員さんがいた。

確立を目指した僕は店員さんと話すことで時間を有意なものにしようと考えた。
話しかけてきた中で一人、話の角度がおかしい子がいました。
このような状況では
服を買う側(僕)と売る側(彼女)の関係性が成り立つはずで、
それを満足させるための会話が発生するのが普通。
なのにそれがない。服とは無関係な話をしてくる。脈絡がない。

彼女に惹かれたわけですが、それが何故なのか。
態度がオリジナルだから。



不思議な統一性を言い換えるならオリジナリティ。

単一なものを消化し、そのまま吐き出すのは単なるコピーだけど、
様々ななものから影響を受けて吐き出すならばオリジナルになる。

人間にコピーはあり得ない。
たまに奇抜をオリジナリティと勘違いしている人がいますが、
自分の感覚をそのまま吐き出せば良い。ただそれだけで良い。

オリジナルアルバムとしては二年三カ月ぶりのリリースになる。
この間、ライブを多数行ってきました。
オリジナリティとは自分と向き合うだけでは確立できずに、
他者と向き合うことで自覚できるヘンテコな代物だとわかりました。

このアルバムはこれらを反映して普遍性を持つに至ったと自負。
作品の普遍性は個人のオリジナリティによるところが大きいと思います。
流行が全体性にあることからもわかるとおり。
(僕の言う普遍性は愛です。流行は恋とでもしておきましょう。)

凄いアルバムをつくりました。

『0.7』の世界へようこそ。



今日が終わる。何とか今日中に仕上げたかった。
長々と付き合ってくれたあなた、ありがとう。

過剰な意識。
今夜は世界の不特定大多数を愛せる気がします。
こんな時があなたにもありませんかね。
| - | 23:58 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/08/27 12:28 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/09/03 12:21 PM |
コメントありがとうございます。


ハルさん

色々と感じ取ってくれて嬉しく思います。
東京ワンマン僕も楽しみなんです。
なんてったって東京では初めての事ですから。楽しんでもらえるようにしますよー!

| 野口 | 2011/09/06 4:16 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://noguchiblog.syurispeiloff.jp/trackback/1301536
トラックバック